バリライフ休業のお知らせ

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の感染拡大を受けまして、バリライフは当面の間休業することにいたしました。

コロナが収束し、安心してバリ島にお越しいただけるようになった際には、またバリ島旅行のお手伝いをさせていただきます。

皆様のご健康を心よりお祈り申し上げます。

PLAN ~プラン~

SPOT バリ島おすすめスポット

体験談
ロペスとヒロミのバリLIFE

ツアー予約空き状況

バリ島・デンパサールのお天気

Weather by Freemeteo.com

観光スポット・寺院

Pocket

 

クタからもウブドからも車で1時間。
バリ島中西部タバナ県、ムングウィにあるタマン・アユン寺院。

バリ島にある数多くの寺院の中で、バリ・ヒンドゥー教の総本山、
ブサキ寺院についで2番目に大きい寺院です。

17世紀に、この地にあったムングウィ王国の鎮護寺として1634年に建立されました。
その後、ムングウィ王国は19世紀に消滅してしまうのですが、
この地の人々は、王国の栄光を誇りにし、廃墟したタマン・アユン寺院を1937年に修復し
今でも大切にしています。

タマン・アユン寺院の本殿の門は閉ざされ中には入れません。
中に入れるのは正装をしたバリ・ヒンドゥー教徒だけです。

見学は本殿の塀に沿って続く遊歩道があり、
塀が低いので中の様子を外から眺めることができます。
見どころは、メルと呼ばれるシュロぶきの『宝塔』が10基整然と並んでいる姿。
メルと呼ばれる多重層の塔が並ぶ姿は神秘的でもあります。

バリ・ヒンドゥー教は、奇数が神聖な数とされていて、
メルは5重・7重・11重の塔と奇数階なのが普通ですが、
珍しい2重の塔があることも有名です。


IMG_9001        
          入口の割れ門


IMG_8999        
          本殿に続く最初の割れ門


IMG_8991        
          この門の扉の中がタマン・アユン寺院の本殿です


IMG_8995        
          夕暮れ時はとても神秘的


IMG_8994

IMG_8998        
          バリ島で最も美しい寺院と言われています



        タマン・アユン寺院
        時間: 8:00~17:30(無休)
        入場料: 大人RP15,000 子供RP8,000